メインイメージ画像

反復練習によるトレーニングで教育の基礎を積もう

日本の現代社会において子供や青少年の教育にトレーニングは必要不可欠です。では、子供や青少年の教育におけるトレーニングというものは一体何を指すのでしょうか。それはズバリ、反復練習の事を指します。勉強において、部活などのスポーツ活動においても、最も重要になってくる項目は反復練習です。

反復練習の中でも特に重要とされているのが、基礎の反復練習となります。基礎を押さえてこそ、初めて子供や青少年が教育を受ける素養が出来上がるのです。教育を受ける下地を反復練習のトレーニングを積んで育て、その後応用問題やさらに難しい問題を解かせてゆく、それが勉強の基本中の基本でもあります。

実に英語などの語学は子供の内から反復練習であるトレーニングを徹底的に行う状態で、自ずと子供の頭の中に英語の文法や文章の作り方の体系が組み込まれて行くこととなり、それは結果として英語学習の素地が自然とトレーニングによってつくられる、ということに繋がります。



子供や青少年の教育のトレーニングは時にあわただしく見えてせわしなく見えてしまう可能性もありますが、その類のトレーニングは決して急ぎ足でもなければ、詰め込み教育の種類でもないです。子供や青少年に行う反復練習のケースのトレーニングは教育において最も必要な最優先項目と言えます。子供に反復練習をさせている段階では、学習内容については詳しい内容まで頭に入れる必要はない、ということを子供に同時に教えてゆくことも重要です。

最初にまず反復での練習でトレーニングを行い、子供の考え方がトレーニングによって自然と鍛えられ、速く考え、速く結論を導き出せるより良い方法を自ずと身に付けることが出来るようになります。

トレーニングは子供や青少年の教育では教育関係者が真っ先に行うべき項目の一つでもあります。駆け足の教育や詰め込み教育などと決め付けず、反復練習であるトレーニングを子供が勉強する折には積極的に取り入れてゆくことで子供や青少年の教育課程に重要となることを認識しておく必要があります。